☆Open!はっぴぃDoors☆
2008年発覚の乳がん7年生。 病気が教えてくれた大切なこと、これを機に次々と開く新しい世界の扉。  素敵な仲間との出会いに感謝して、凸凹な毎日を楽しみながら、笑顔いっぱいで穏やかに過ごしていきたいなぁと思っています。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 |
かんさつにっき
今日で6月も終わり、早いもので今年も半分が過ぎていきました。


今朝、回覧板を持って行ったご近所さんのお庭。

青みがかった色が美しい額紫陽花、
可愛いピンクになりかけている西洋紫陽花が、

少しづつ色を変え、こんなうっとうしいお天気の中でも
通りがかる人の心を和ませてくれています。

なんだか幸せな気持ちになって、
我が家のジャングル(のような庭)を眺めながら
いろんなものの変化を思い浮かべました。


ブルーベリー

ついこの間まで蜂がブンブン飛んでいたと思ったら
実をつけていました。

blueberry7


で、今年の初収穫

blueberry4

結構大きな粒なんですよ。>ノルバデ〇クス(よくわかる?)

blueberry2

生で頂いた後はジャムになります。

blueberryjam2010


Q(子供)

幼い笑顔が、どうみても小学生でしたが、
制服姿で3ヶ月。

重いカバンを持ち、半泣きだった通学にも慣れ、

お友達も増えて、

どこから見ても?すっかり中学生になりました。



トンきち(blog編)

先輩方のblogをそっと見るだけが

勇気を出して、コメントができるようになり

とうとう自分のblogを持ち

素敵なお友達ができました。



季節はめぐり、生きているものはみな変化し、成長していますね。




雨に打たれたトンきち(患者編)の成長日記はまた後日・・・。







スポンサーサイト
[2010/06/30 06:54] | 日常 | コメント(2) |
おはようございます
おはようございます。
って気持ちのよい挨拶ですね。


少しは精神的泥沼から浮き上がってきたかな?と思うも
なかなか晴天には至らず、もどかしい毎日を過ごしています。


そんな中のできごと・・・。


トンきちが〇〇年勤務する会社では
景気が下り坂になると(上り調子のときもありますが)と
複数の部署の統廃合が頻繁に行われます。

例によってまた機構改革が行われることになり、
その説明会が会議室で行われました。

スタートは、ほぼ全員がそろう17:00から。
パワーポイントが映し出され説明が始まりました


いろんなこと考えながらぼんやり聴いていると

『・・・か?』

『それについては・・・・です』

ふと気づくと質疑応答が繰り広げられています。


私もこれはと思った質問がありましたが、
既に説明されているかもしれず、
と発言せぬまま会議は終了致しました。

机を整え、会議室から順々に職場へ戻る人たちの中から
大きな声をかけられました。


『おはようございます

  ・・・・・

『あ~ら見てたのね~』

そう、会議の間中、お船を漕いでいたようです

クスクス笑いが拡がり、わざわざこの説明会の為に
東京から出張してきた統括部長さんには目もあわせられず、
逃げるように職場へ戻りました


こんな時期に・・・あー、やってもた~。トホホ・・・。



夜、寝てもすぐに目が覚めて眠れなかったりするので
(みなさん寝汗すごくないですか?)
とうとう不眠になったのか・・・と凹んでいたのですが、
仕事中にしっかり睡眠とってたんや・・・。<笑>



みなさんからコメント頂いて、なんて幸せなんだろう・・・と、
とっても嬉しく思っています。

1歩進んで2歩下がる(って下がってるやん)やったり
3歩進んで2歩下がる(結局おなじとこ?)の状態ですが
おかげで少しづつですが前に進めてるように思います。


もうちょっと元気が出るまで見守ってやってくださいね。




[2010/06/26 21:50] | 日常 | コメント(6) |
トリアージ ~ブタの恩返し?~
先日、殿下先生と面談して診察室をでた後、
涙が止まらなかった。

断ち切れない不安と荒れ狂う感情を抑えきれず、
嵐のようになり、大切な人たちを次々と傷つけてしまう。


無茶や勝手なことばかり言う私に
殿下先生からの言葉は、戒めであるような気にさえなった。

こんな風に卑屈にしか考えられない自分が
悲しくて情けなくて、また泣いた。

こんな気持ちにさせたのは、このお薬なんやって
ノルバデックスやら漢方やらのお薬を投げつけたりした。
もう注射の治療だって、止めてしまおうとさえ思った。

完全なる被害妄想狂。。。


そんなとき、blogにコメントを頂いて、ふと目線が変わった。


今まで殿下先生にずっと励ましてもらった。
殿下先生に無茶な希望もいっぱい叶えてもらった。
目標を達成するたび、一緒に喜び、応援してもらった。


そんな私は、なにか殿下先生に恩返しができただろうか。
殿下先生の為にできることって何だろうって考えた。

そうだ。今度は私が先生を応援する番なんだ。


殿下先生の目標は多分、

 『ひとりでもたくさんの患者さんを救うこと。』

(って仰っていたと思う)


卒業までずっと殿下先生にそばにいて応援してもらいたかったけど
今まで殿下先生がいてくれたから治療頑張れたけど、
これからは自分で一歩踏み出してみよう。

今度はたか子先生が支えてくれるから。
本当に絶体絶命のときは殿下先生がスーパーマンになって
必ず助けてくれるから。

きっと大丈夫って殿下先生も信じてくれたんだ。
私も先生を信じよう。
自分を信じよう。


殿下先生を必要とするもっと重篤な患者さんが救われますように。。。

今、告知され、手術を待ち、
いろんな治療が始まろうとする不安でいっぱいの患者さんが
殿下先生の力で少しでも安心できるように。。。

ひとりでもたくさんの患者さんが殿下先生のおかげで
笑顔になれますように。。。

そして何より殿下先生がベストな状態で診察や手術ができるように。


私が今までそうしてもらってここまで来たように。
今までの患者さんたちが私に殿下先生との時間を下さったように。



今度は私の番。



そう思ったら・・・やっと涙が止まった。




[2010/06/20 16:18] | 主治医の先生方 | コメント(10) |
絶体絶命
今日はお天気もよかったけど、特別暑かったですね。

加えてホットフラッシュで汗だく。
鏡には妖怪が映っていました。(ブブブのトンきちね!)


今日は主治医殿下先生との面談でした。


朝からさみしいことがあって、なんとなく落ち込みましたが
気を取り直してでかけました。

このところ心の霧が晴れないので
どこかでこのマイナスな気持ちを断ち切ろうと
思い立ったからです。

診察室に入ると殿下先生の他に看護師さんが3人。
4:1か・・・。ちょっと引きました。

勇気を奮い立たせ、
今までずっと疑問に思っていたことや
不安に思っていたこと
これからの希望などを伝えました。

無茶振りやとても失礼な発言の数々であったと思いますが
一通り聞いて下さって、可能な範囲で希望を叶えてくださる
と答えも頂きました。


そして殿下先生からも
『ぼくからもお願いがあります』
と言われました。

たくさんの患者さんで溢れる外来はもう限界に近いこと。
重篤でない患者さん(私のことね)は、たか子先生を受診してもらいたいと。
気持ちの問題は専門家を受診してもらいたいと。


えっ・・・。

確かにすごい患者さんの数で、いつもお昼も召し上がれないこと
知っています。
たか子先生だって大好きです。
せんせは外科医で心療内科医でないこともわかっています。

はい。わかりました。

って返事したけど・・・。

面談のあと、緊張が解け、
看護師さんたちがお話を聞いてくれるうち号泣。


でも、なんで今日なん?
心がこんな弱くなっている今なん?

明るく希望を持って治療に臨むため、
自分を取り戻そうとここに来たのに・・・。


せんせに手離されたら、もう頑張られへん。


[2010/06/17 22:14] | 主治医の先生方 | コメント(4) |
■ゾラデ〇クス28回目■ ~一喜一憂~
今日は真夏のように暑かったですね


さて、とうとう検査の結果を聞いてきました。
中途半端ながら良好な結果を手にしました。
点数にすると78点(ビミョー<古っ>)といったところでしょうか。

ご心配頂いた方、
トイレをお掃除して応援してくださった方
どうもありがとうございました


結果発表の日。

まずは内科(肝臓)を受診。
受付から2時間半・・・。こちらも激混みです
扉を開けるとちょっとくたびれた様子のカルティエ先生。

 1.血液検査の結果。
  肝臓がんの腫瘍マーカーは正常値。

 2.造影CT&エコーの結果。
  腫瘤は2つ。大きな方は良性のもの。
  もうひとつは良性とは言い切れないけれど、
  がんの染まり方とも少し違うので、転移性ではないでしょう。

と検査の写真を見ながら図まで描いて丁寧に説明して頂きました。

ただ、安心はできない ので年に3回程度の検査を続け、
経過観察することになりました。

スッキリとはいきませんでしたが・・・、次回は4ヵ月後。
『何かあったらすぐおいで』と仰ってくださった
先生のやさしい笑顔に救われ、やっとホッとしました。



次は乳腺外科の階に走ります

この日は、殿下先生は休診
代わりにたか子先生が診て下さいました

 1.血液検査、腫瘍マーカー基準値以下で異常なし。
 2.乳腺エコー検査、異常なし。

前回マンモに映った左胸の影と右胸のしこりが気になること
を伝えると再度エコーして『脂肪みたいなものだから大丈夫』
と確認してくれました。

普段は、ご挨拶くらいしかできないので、今日がチャンスと
最近の体調がいまひとつなのと、心がちょっと不安定なことを
お話しているうち取り乱してしまいました

治療のことで気にかかっていたことも心配不要ですよ。って。
たか子先生はいつも丁寧な診療で安心感を与えてくれます。

ひとまずは乳腺も、肝臓の検査も中途半端な結果ながら
問題なくて安堵の気持ちがひろがりました。



今回、診察の後、初めて、リエゾンナース 理恵さんと面談をしました。
その後、理恵さんはしばらくたか子先生とお話されていました。

そして、再度診察室へ戻って、
たか子先生に28回目のゾラデ〇クスの注射を打ってもらいました。
(今回は神経に当たったみたいでちょっと痛かった

すでにお薬の処方箋も頂いていたのに、
わざわざ追加でお薬 『デパス錠を処方されて帰りました。

  この日の病院滞在時間は6時間・・・。


『ゆっくり休めるように』って?・・・と先生の言葉を思い出し、
家に帰ってお薬のことを 調べてみました。

ちょっと・・・、いえ、すごくショックを受けて、
せっかくのよい結果を十分味わえぬまま、
すっかり奈落の底へ落ち込んでしまいました。

とうとう心まで病気になってしまったんかな。。。

こんな気持ちで見えない相手と闘い続けられるんかな。。。

元気で明るいのんだけが取柄やったトンきちにはもう戻られへんのかな。。。


制御不能な気持ちを持て余し、苦しい思いで過ごしていたら
さっき、はっと気づいた

blogのお友達が処方されてて、うらやましかった
『元気のでる薬』とか、『イライラの頓服』って、
もしかしてこの類のお薬?


それならこんなに落ち込むことないんかな?



[2010/06/12 23:59] | 内分泌治療 | コメント(12) |
次のページ
プロフィール

トンきち1号

Author:トンきち1号
年齢:ココロは永遠の17歳☆
性別:おっちゃん風女子
住居:トンきち星
趣味:デパ地下&催場 物産展巡り
歴史:2008年早春 乳がんデビュー
左胸温存手術・放射線治療25+ブースト5の全30回
現在ホルモン治療中。
※ゾラデックス1回/4週注射 (5年)
 ノルバデックス1錠(20mg)/1日服用 (5年)
 消化器内科・婦人科にも通院中。(半年に1回)

ご訪問ありがとうございま~す

最新コメント

お願い

関係者の方を特定しないよう多少(かなり)アレンジも加えています。

時々、過去記事をいじくり回して、つじつまが合わなくなっていたり、稚拙な文章・大げさな表現・ふざけすぎて失礼も多々あるかと思いますがご了承くださいね。        また記事の無断転載転用はご遠慮下さいね(そんなヤツおらんやろ?)

blogに綴りたいこと

1.がん子チャン治療の記録(自分用備忘録) 2.支えてくれる大切な方々のこと

3.感激episodeや粗忽者故の笑い話   4.美味しいもの                 5.お気に入り

最新記事

3本目発芽しました!

カレンダー

05 | 2010/06 | 07
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

カテゴリ

メールフォーム復活しました

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード

ケータイからも見れるんやって。

QR

RSSリンクの表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。