☆Open!はっぴぃDoors☆
2008年発覚の乳がん7年生。 病気が教えてくれた大切なこと、これを機に次々と開く新しい世界の扉。  素敵な仲間との出会いに感謝して、凸凹な毎日を楽しみながら、笑顔いっぱいで穏やかに過ごしていきたいなぁと思っています。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 |
恐怖の婦人科受診
先日は半年に1度の婦人科受診でした。

相変わらず淡々と診察を進める熊田先生
その日もちょっと笑かしたろと突っ込みどころを探すトンきち。

熊 『その後どうですか。
トン『かくかくしかじか。』
熊 『ん・・・そーですか。(無反応。突っ込むスキなし)
   内診と検査します。』


そう、子宮頸○んと恐怖の子宮体○んの検査です。

『痛いよ~』と声をかけながら器具がセットされていきます。
キコキコとネジで固定するような音。


 ウギャーーーーーーーー

『終わりました』の声に半泣きで内診台をおり、診察室へ。


以前から疑問だったことを聞いてみました。

 ゾラで生理を止めてから3年あまり。
 一応5年間の予定だけれど、その間に閉経を迎える可能性もある。
 閉経していればゾラは不要だし、お薬もノルバから変更になるはず・・・。

というわけで、
トン『ホルモンの値を測って閉経してるかどうか調べて頂きたいのですが』

熊 『ゾラやってるんやったらホルモンの正確な値はでませんよ。
   薬で抑えてるわけやから。』

トン『じゃぁ、どうやったら閉経ってわかるんですか?』

熊 『お薬を止めて半年たって生理がこなかったら閉経と判断します。』

 えー、そんな悠長な・・・。でも精度の高さで言えばそうでしょうね。
(そういえば殿下先生も同じことを仰っていたような・・・)

しかし、その後意外な言葉が・・・。

熊 『あなたの年やったら閉経にはまだ間があるから
   ゾラはまだやっといた方がいいと思いますよ。』
と眉毛を1mmも動かさずに仰る。

トン『えぇ~っ、そぉですかぁ~。』

と妙に納得したのでありました。(そこ?)


まだ若いってことぉ~♪とすっかりいい気になって
中待合室で待っていましたが、
あまりの痛さにだんだん意識朦朧として、うずくまってしまい、
気づいた看護師さんに連れられ、処置室?のベッドへ。

しばらく休んでトイレに行くと血がドバーっと・・・


すぐ帰りたかったけど、この後、がん認定看護師さんと
面談のアポがあったのでしばらく待機。

事前にお願い事をしており、しばらくお話しましたが、
回答は用意されておらず、とうとう話はかみ合わないままで
(多分、話ベタで意図が通じなかったのだろう)、
気持ちは上がるどころか、ますます落ち込むは、痛いわで、
ほうほうの体で家へ帰りました。

いつもの外科外来の看護師さんの笑顔や受付さんとは
一言交わすだけでも癒されるのにな・・・。

痛みは家へ帰って相棒のロッキー(ロキ○ニン)を飲んで
やっと治まり、眠れました。

しかしこんな痛かったのは初めて・・・。
4~5日出血が続きましたが、病院からは何か異常がある時だけ連絡する
とのことだったのでどうやら検査は合格のようです。



ホントあの検査は痛いよね~。
だけどこれで安心が手に入るならやっぱり受けなきゃね。
トンきちよく頑張りました!
  とポチッと拍手で応援お願いします。
関連記事
[2011/12/10 12:00] | 検査 | コメント(4) |
<<ダブルヘッダー | ホーム | ☆☆☆みっつですぅ~♪>>
コメント
お疲れ様でした。
お体(心も)大丈夫でしょうか?。

子宮の検診大変なんですね。
避けて通れればいいのですが、毎回痛いのってしんどいですよ。私は殆ど悼みも
ないし、出血もないのでとても鈍感なんですね。

閉経の話は私も気になってたことなんですけど、そうんな考え方でいいんですね。
私は最初から整理不順だったので閉経と薬の関係にずっと不安を
持ってたのですが、わかりました。ありがとうございます。

でも、患者の思ってる事と、医療従事者の考え方ってやはり差があって、すれ違ってしまうこと
多いんですよね。それが患者のストレスになるんですよ。でも、医療従事者にとっては話してもらわないとわからないから、やはりどんな内容であっても話した方がいいと思います。

トンきちさん、頑張ったね。ゆっくり休んでね。
[2011/12/11 08:07] URL | 夢かあさん #- [ 編集 ]

夢かあさん、こんにちは。
はい。頑張りました~<笑>。ありがとうございます。

今までなんども受けてきた検査で、確かに痛かったのですが
今回は想像を超える痛さでした。

閉経の判断は難しいようで、ホルモンの値が閉経状態でも
お薬をやめると戻ってきたり、ノルバ→アロマタ○ゼ阻害薬に
お薬を変更したら戻ってくる方もあるそうです。

人間の身体って本当に不思議というか神秘ですね。
個人差ももちろんあるし、同じ人間の中でも心と同じで、
複雑にゆれ動いているんでしょうね。

面談した看護師さんは、誇り高く優秀な方のようでしたから、
いつか患者の目線におりてきてくれることと思います。
[2011/12/11 14:21] URL | トンきち1号 #LMs.iqQA [ 編集 ]
トンきちさん、婦人科の検診お疲れ様でした~。

体部の検査は、何回うけても痛いよね~。
4~5日出血は、長いよね。

私も4~5カ月に一度は婦人科通いだから、なかなか病院との縁は切れないけど、それでも充実した日々を送れる事に感謝なのですe-420



[2011/12/11 19:53] URL | masukatto☆ #- [ 編集 ]

マスカット☆さん、こんばんは~♪

そうですよね。
安心あってこその充実した毎日ですもんね。

しかし、何度も同じ先生の検査を受けているのに
こんなに痛いなんて、あんまり良くない状態なのかな・・・。
なんて深読みしてしまいました。

痛くない検査なら、みんなもtt検診に行くと思うから
そこらへんの研究もしてもらえるといいな~。
[2011/12/11 21:02] URL | トンきち1号 #LMs.iqQA [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

トンきち1号

Author:トンきち1号
年齢:ココロは永遠の17歳☆
性別:おっちゃん風女子
住居:トンきち星
趣味:デパ地下&催場 物産展巡り
歴史:2008年早春 乳がんデビュー
左胸温存手術・放射線治療25+ブースト5の全30回
現在ホルモン治療中。
※ゾラデックス1回/4週注射 (5年)
 ノルバデックス1錠(20mg)/1日服用 (5年)
 消化器内科・婦人科にも通院中。(半年に1回)

ご訪問ありがとうございま~す

最新コメント

お願い

関係者の方を特定しないよう多少(かなり)アレンジも加えています。

時々、過去記事をいじくり回して、つじつまが合わなくなっていたり、稚拙な文章・大げさな表現・ふざけすぎて失礼も多々あるかと思いますがご了承くださいね。        また記事の無断転載転用はご遠慮下さいね(そんなヤツおらんやろ?)

blogに綴りたいこと

1.がん子チャン治療の記録(自分用備忘録) 2.支えてくれる大切な方々のこと

3.感激episodeや粗忽者故の笑い話   4.美味しいもの                 5.お気に入り

最新記事

3本目発芽しました!

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

カテゴリ

メールフォーム復活しました

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード

ケータイからも見れるんやって。

QR

RSSリンクの表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。