☆Open!はっぴぃDoors☆
2008年発覚の乳がん7年生。 病気が教えてくれた大切なこと、これを機に次々と開く新しい世界の扉。  素敵な仲間との出会いに感謝して、凸凹な毎日を楽しみながら、笑顔いっぱいで穏やかに過ごしていきたいなぁと思っています。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 |
マンモ&エコー検査と放射線科受診
桜も満開、出逢いと別れ、嬉しいような切ないような
そして心弾む春本番ですね。

桜2011

そんな中、先日の大きな地震。
懸命に頑張っている方たちのご無事と
またの試練に心が折れないようにと祈るばかりです。



術後3年のPET検査に続き、
マンモグラフィーとエコーを受けてきました。

まずはマンモ。
受付を済ますとまんまる笑顔の女性の技師さんに呼ばれ、マンモの部屋へ。
お洋服を脱いで、渡されたケープを着て、準備します。

上下から機械にはさまれ、のしイカのようにぺちゃんこになる胸。
最後に技師さんの手で『痛くてごめんなさいね~。』と、もうひと伸ばし。
『できるだけ伸ばしたほうが正確な情報がわかるので頑張って!』
とやさしく声とうらはらに、これでもかっ!とねじをギューギュー。
反対の胸、そして次は左右からと4カットの撮影終了です。

いつもは、はさまれた胸より機械の角のところがあたる脇のほうが
痛かったのですが、この日は術側の胸が一番痛かった~。

アイタタタ・・・。と胸をさすりながら、超音波検査へ。

乳腺エコーはいつも女性の技師さん。
この日はカルテをしっかり読み込んで、ひとつひとつ確認するように
検査をしてくださるお気に入りのお姉さん技師さんでした。

いつもどおりモニターに穴が開くほどガン見する私

まずは術側から『ここが手術のあとですね』と丁寧に解説しながら
すすめてくれます。
いつもひっかかる右胸ののう胞や良性?のブツもしっかりチェック。
骨転移疑惑周辺も背中側まで何度も往復しながら診てくれました。

ここで惜しいのは乾いたタオルでジェルがしっかりふき取れないこと。
以前、別の病院でエコー検査を受けたとき、温かいおしぼりを渡され
それで拭いたときはあまりの気持ちよさにうっとりしたな~


この後、放射線科で久々の王子先生の診察。

『こんちは~』と診察室へ入ると
『久しぶり~、変わりない~?』と 手ぐすねひいて 満面の笑みで
迎えてくれる王子先生。そしてすぐさま王子節炸裂。
この私がツッコミを入れられないくらい。。。

看護師さんが替わられていたけど、王子先生に合いの手のように
ナイスフォローを入れるニコニコ笑顔のやさしい方でした。

過去のデータを次々とモニターに表示して比べる王子先生。

王子『心配してはった骨転移の疑いやけどね・・・』
トン『2回目の骨シンチと1年ぶりのPET-CT検査うけたんですけど・・・』
王子『うーん。骨シンチでもPET-CTでもはっきりしないんよ。
   この明るく集まってるとこなんやけど(やっぱり集まっとったんや~
   骨はキレイんやけどな~。
   骨転移の人は普段痛みがなくても、knock painといって
   叩くと痛みがあるんよ~。響いたりしない?』(ここまで一息)

  『ちょっとごめん・・・』と肋骨をトントンと順番に叩いていく先生。

王子『痛みや違いを感じる?』
トン『全部一緒に感じますけど・・・』

骨には神経がないのですが、骨膜には神経があるので
痛みや違和感を感じるそうです。

王子『画像上では前回と全然変化してないから、
   これが悪いもんかどうかはわからんわ~。
   疑いだけで変化がない。1年間も変化のない悪いもんないような気ぃするわ~。
   しかも1箇所やしな~。普通2~3箇所はでてくるけどな。
   否定はできないけど(肯定か?)、悪性の疾患の方だから疑いになってるけど、
   一般人の方だったらこの結果やったら様子見るわ。』(ここまでふた息)

トン『・・・(き・き・機関銃?)
   ゾメタはもう始めてるんですけど』(やっとこさ答えられる)

王子『今の治療やっといた方がいいと思う。
   治療というか予防的な意味でもゾメタやれば、いいよ。』
トン『・・・』
王子『もう少し光がはっきりしたり、大きなったり、数が増えたりしたらな。
   すぐにおいで!な!放射線あてるから。』(高らかに笑う
トン『え~っ(そんなん困りますがな・・・)、あっ。はい~。
   よろしくお願いします。アハハ。アハ。』(調子を合わせ意味なく笑う)

この後、震災で放射線治療が継続できなくなった方を受け入れて
診察されてる話をひとしきり聞かせて頂きました。

やっぱりPETでも光ってたんや・・・。
でもここで落ち込んでたって何も変わらない。
みんな頑張ってるんだから、私も希望を持って明るく楽しく行こう!


『変化あったらすぐに放射線あてたる』という王子先生の言葉を心強く思い、
『心配せんでいい』と明るい表情で連呼され、息もつかせぬマシンガントークに
お腹いっぱい 免疫パワー満タンになるトンきちなのでした



【お詫び】
PCの接続状態が不安定で、更新もままならず、コメントのお返事も
遅くなっています。
おともだちの皆様のお部屋にもなかなか遊びにいけず、申し訳ありません。
落ち着いたらガンガンお邪魔しますので、よろしくお願いしま~す。
[2011/04/10 22:18] | 検査 | コメント(11) |
PET検査 3回目
今月は術後3周年のSecond Birthday月間&検査月間。

というわけで、前回のPET検査(正確にはPET/CT検査)から1年ぶりに行ってきました。

午前中の仕事を終えて、病院へ

受付で『もうご存知ですよね~』と簡単な説明を受けます。

受付さんに案内され、更衣室へ。
着替えの途中で、トイレに行こうとすると

『トンさん!』と呼び止められました
振り向くと・・・おぉっ。オダギリ先生。

先に注射を打ってから~という声を振り切って
『もう限界ですぅ~』<恥>とトイレに全力疾走
すっきりして、問診です。

トン    『先生に注射して頂くの4回目です』
オダギリ 『いえ、5回目です。珍しいです。毎回同じ曜日なんじゃないですか。』
      と絡み返し。(PET3回と骨シンチ2回だったそうです。)

トン    『こないだの骨シンチ、また骨転移の疑いって書いてくれましたね』
オダギリ 『うーん。えへへ。今度もしっかり診ときますから』

まだ絡んできそうな私に
オダギリ 『まずは体重を測ってください。(シッシッ)』と体重計へ促します。

事前に受付で体重を聞かれ、大きくサバを読んでいた私は
ヤバイ  ホットフラッシュのせいか汗だく

トン    『き・き・昨日焼肉食べたからな~。アハハッアハッ』と体重計にのる。
体重計  『〇〇.〇KG』
オダギリ 『はい。わかりました』と薄笑い
やっぱり・・・5KG近く増えてる。(ウソはいけません。)

アレルギーについての説明を受け、血糖値を調べるため、
指先にパッチンコと針をさされ、糖度計みたいなので調べます。
(血糖値が高いとお薬が全身に回りにくいそうです。)

OKが出て、今度は看護師さんが注射の針をさしてくれます。
散々迷って選んだ血管にぶちゅ。みごと命中

そしてオダギリ先生にチェンジしてFDGという高価なお薬を注入。

次にリラックス椅子の部屋に案内され、お水を飲んで
マイクで呼び出されるまで1時間の安静です。

ちょっと疲れ気味だったので催眠術にかかったように眠りにつき
なにかゴゴゴォ~ッという不気味な音に目を覚ましました

ところがマイクで起こされた形跡がない・・・。
どうやら自分のいびき?で目が覚めた模様。

5分ほどしてマイクで呼ばれ、トイレを済ませPET室へ
ステップを2~3段上がり、ベッドに横になり、ビート板?をもたされ、
手をクロスして(お友達もエジプトスタイルと呼んでいた)太いバンドでぐるぐる。

ちょっと緊張するも視界がしっかり確保されているので安心です

ドーナツの中を何往復かした後、
『息をすって止めてくださ~い。』が1回あって30分足らずで一旦終了。

そして30分の休憩。
ちゃんとお薬が廻っていたようで終了と案内されお着替えして受付へ。


トンきちの説明は何やようわからんという方はこちら→ PET検査

トータル2時間半強。お会計は約3万円
この日はこの後ヘアサロンへ寄って帰りました。


次なるはマンモと胸部エコー。(なぜ一緒の日にやらん)
さて、結果はいかに・・・。




1.消えてる
2.変わらない
3.拡がってたって大丈夫

きっと1~3のどれかよね!今日のトンきち前向きやんって
 ポチッと応援お願いします。
[2011/03/26 10:00] | 検査 | コメント(20) |
骨シ〇チ結果発表
今週は冬に逆戻り、昨日はちらりんこと雪が舞っていました。

先日受けた 骨シンチ検査 の結果発表です。

先日、『先生のせいで骨転移ということにされたんよ』と
言いがかりをつけたオダギリ先生からの所見は

集積の形態からは転移が疑われるが、前回と著変ない。
新たな病変は認めない。


診断結果
骨転移の疑いあり。 (また書きやがったな書いてくださったのね。)
前回と変化なし。 (いいんだか悪いんだか・・・)

でした。

ゾメタ治療の効果で、もしかして消えてるかも?と
淡い期待を抱いていたので、少々ガッカリしている私に・・・

殿下先生は笑顔でこう仰った
コントロールできてるのは良いこと。よかったね~。
そう言われると、なんとなくいいことのような気がしてきて
わけもなく嬉しくなるのでありました。(単純)


詳細はまたUPしま~す。(もうええって?)



そうやそうや、変化なしっていいことやったんや~。よかったね~
   殿下先生に賛成って、ポチッと応援お願いしま~す。
[2011/03/04 23:18] | 検査 | コメント(16) |
骨シ〇チ検査2回目~後編~
前編から3時間後、『ただいまぁ~』と へ戻り、
男性の技師さんに案内され、全く緊張感なく検査室3番へ。

さて、台に乗ろうとすると・・・。 え?こんな機械やったっけ。
幅が異様に狭くて、私の横幅の半分ほどしかない。(誰が太すぎんねん
まるで平均台の演技。(元体操部←ウソ)

ヤベッ(東〇久風に) 途中で落ちたらカッコ悪すぎる と思っていると
毛布の上からベルトで3周ほどグルグル固定されました。
ちょっと苦しい


ぶっきらぼうの技師さんは『始めます』と言ったきり。
緊急コール的なボタンもない。

上から大きな碁盤のような板が、鼻先3cmのところまで降りてきて
すごい圧迫感に恐くなって目を閉じました

まもなくホットフラッシュのせいか全身から汗が噴出すも 
ぬぐうことすらできず、かけ流し(?)状態。
ますます息苦しくなってきて、とうとう検査中断を申し出ました

『あと2枚だから』と技師さんは終わらせたかったようでしたが、もう限界。
しばらく身体が痺れて台の上で動けませんでした。
看護師さんが駆けつけてくれて、落ち着くまで休憩。

その後、別の検査室の機械で残りを撮影しました。
(最初からこっちの機械でやってくれたらよかったのに・・・)
今度は看護師さんが『大丈夫だからね~』って
ずっと肩に手をおき、声をかけ続けてくれました。
わずか10分ほどで無事終了。

受付を出てからも心配そうに見送ってくれた看護師さん。
ご迷惑おかけしてすみません。ありがとうございました。


なんかえらいケチついて、気ぃ悪いなぁ~。


ちょっとしょんぼりしながら、この後2ヶ月ぶりの心療科の診察。
予約から1時間送れて、un-doo先生のところへ向かいました。



え?後編まで引っぱってオチないやん。でも無事終了できてよかったね。
看護師さんのファインプレーに拍手ぅ~
    とポチッと応援お願いします。
[2011/02/06 14:14] | 検査 | コメント(9) |
骨シ〇チ検査 2回目 ~前編~
立春を過ぎた途端、寒さも緩み、春の訪れを感じて嬉しくなりますね。
今頑張っている人たちみんなに早く春が来ますように・・・


昨夏、『骨転移の疑い』と奈落の底へ落とされた前回の骨しんごシンチ検査

疑いは晴れるのか、はたまた疑いの文字がなくなるのか・・・
経過を見るため、2回目の検査を受けることになりました。

受付を済ませ、名前を呼ばれて入っていくと
前回お会いしたオダギリ先生。

早速 注射を手に1回で  ラブ ヤク(薬)注入ぅ


物腰もやさしく、笑顔が親しみやすい印象の先生。
ひとことふたこと話すと反応もなかなかイイ感じです。

そういえば、前回のこの検査結果のレポートに
オダギリ先生のコメントが記載されていたのを思い出して
ちょっといじってみたくなりました。

トン  『オダギリ先生が「骨転移の疑い」ってコメント書きはったせいで
     私、骨転移ってことになりました。』(そんな訳ない)
と笑いながら言いがかりをつけると

オダ  『えーーーー、そうやったん
     今回細かいとこまでしっかり見とくわ~

トン  『今回って・・・』と看護師さんもつられて3人で大爆笑。

オダ  『では3時間後に、また来てね~』と見送られ、今回もデパ上へGO


催しは北海道物産展ではなくバレンタイン特設会場となっておりました。

skoyama

es k〇yamaの缶入りショコラショー(要はホットチョコレートのもと)
右の蓋の黒い文字は目の前で書いてもらったコ〇マさんご本人のサイン

人・人・人、若いおねーさん軍団の熱気とパワーに圧倒され、
もうアカン・・・と、汗かきオバチャンはあえなく撤退。


『腹が減っては戦はできぬ』 まずは腹ごしらえなのね~っ
勇気を出してひとりでオッサンの店へ。
しこしこつるつるのつけ麺  美味しかった

tsukemen

そして3時間後、この検査はラクチン(着替えも息止めもなし)だから好き~と
スキップしながら病院へ戻るトンきちなのでした。


後編へつづく



後編って一体この後何かあったん? 気ぃもたせてイヤやわ~。
早くUPしなさいよ!
   ってポチッと拍手で催促お願いします。
[2011/02/05 06:45] | 検査 | コメント(16) |
前のページ 次のページ
プロフィール

トンきち1号

Author:トンきち1号
年齢:ココロは永遠の17歳☆
性別:おっちゃん風女子
住居:トンきち星
趣味:デパ地下&催場 物産展巡り
歴史:2008年早春 乳がんデビュー
左胸温存手術・放射線治療25+ブースト5の全30回
現在ホルモン治療中。
※ゾラデックス1回/4週注射 (5年)
 ノルバデックス1錠(20mg)/1日服用 (5年)
 消化器内科・婦人科にも通院中。(半年に1回)

ご訪問ありがとうございま~す

最新コメント

お願い

関係者の方を特定しないよう多少(かなり)アレンジも加えています。

時々、過去記事をいじくり回して、つじつまが合わなくなっていたり、稚拙な文章・大げさな表現・ふざけすぎて失礼も多々あるかと思いますがご了承くださいね。        また記事の無断転載転用はご遠慮下さいね(そんなヤツおらんやろ?)

blogに綴りたいこと

1.がん子チャン治療の記録(自分用備忘録) 2.支えてくれる大切な方々のこと

3.感激episodeや粗忽者故の笑い話   4.美味しいもの                 5.お気に入り

最新記事

3本目発芽しました!

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

カテゴリ

メールフォーム復活しました

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード

ケータイからも見れるんやって。

QR

RSSリンクの表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。